いつものトレードに飽きたらシステムトレード!

FXとはどんな取引?

FXはForeign Exchangeを省略したものです。
日本語にすると外国為替証拠金取引といわれる取引になります。
この名前のとおりに、外国の通貨を利用してお金を稼ぐことが出来る方法です。

一般的な外貨金融商品である外貨預金や外貨建て金融商品と似てはいますが、少し違います。
一般外貨金融商品との違である証拠金取引とはどんな取引なのか?

・証拠金取引とは
FXの日本語のとおり、小額の証拠金(担保)を取引会社に預託し差益決済による通貨間の売買を行う取引のことを言います。
と言われてもよく分からないでしょうからドル/円で例を挙げて説明しますと、通常取引は1万通貨を基準に行います。(最近は1万通貨より低い1000通貨などもありますが)

現在の為替レートが1ドル=100円だった場合は当然1万ドル購入しようとした場合100円X1万ドル=100万円の資金が必要になる事になりますが、証拠金取引においては約4万円の証拠金(担保)を取引会社に預けることで1万ドルの取引が出来る仕組みです。

実際に取引会社から1万ドルを借りるのではなく差金決済という決済方法で動いた数字の差額取引になります。

通貨の価値は常に変動をしています。例えば円高や円安になることがあります。
これらを上手く利用することで差額を稼ぐことが出来るのです。
もちろん、元手となるお金は必要です。
日本円の価値が高い時にドルを購入しておいて、ドルの価値が高まってきたら日本円を買うというような方法でお金を稼ぐことが出来ます。

元手が多ければそれだけたくさんのお金を得ることが出来ます。
FXではレバレッジとスワップポイントという機能があります。
これは自分の所有している資金の数倍のお金を動かすことが出来る方法です。
しかしリスクが全く無いというわけではありません。

そうなのでFXの初心者は無理はしないで少ないお金でコツコツやることがオススメです。
勉強をして知識が得られたら少しずつかけるお金を増やして行くほうが良いです。

始めは一喜一憂、今は平常心を保ち至って冷静に

私は言うならば初心者です。
最初はとにかく焦ってしまい、情報収集もあまりせず、動向も見ず感だけで売り買いを繰り返しました。
簡単に数万円負けました。

資金を追加し、買うロット数を増やし巻き返しを計りましたが更に負けました。
この頃は、1日に13時間位やって90回以上売り買いしました。
上手く勝てないので、少し情報収集を始めdFXで儲けてる人が書いた初心者の人へのアドバイスを読み、実践してみました。

すると少しずつプラスが出るようになり、少し落ち着いて出来るようになりました。
その後、自動売買を設定するようになり、注ぎ込んだ資金は全て回収出来ました。
回収するのに1年かかりました。
今も毎日売り買いしてますが、やり始めた時のように焦ったりする事もなく、落ち着いて冷静に判断をしています。

冷静に出来るようになると、僅かですが利益が出ました。
勿論利益幅は、資金の多少や買うロット数も関係します。
ですが、私は、やり始めの失敗経験があるので、今のまま資金を増やさず経験を積もうと思います。
勝つ事よりも負けない事が大事と自分に言い聞かせコツコツ頑張りたいと思います。

FXで楽しい投資生活を始めてみよう

FXで楽しい投資生活を始めてみようと思い、初心者向けの本を買って勉強をはじめました。
インヴァンスト証券に口座を作り取り合えず入金しましたが、始めはデモを使って練習した方が良いと言うことで練習を開始しました。

本を片手に分からない言葉は調べながら・・・これがなかなか面白い。
スプッレッドとは買うときの金額と売るときの金額の差で大きければ大きいほど損をするので、少ない通貨を選んだ方が無難だそうで、でも大きく儲けようと思うとスプレッドが大きい方が良かったり。
なかなか奥が深いです。

チャートの見方も勉強中で、今は手ごろで無難なドルで5分足のローソクでやっています。
始値と終値は日々チェックし、データをグラフにつけて陰線なのか、陽線なのかを観察し、相場の動きを読みます。

デモトレードであれば実際のお金を利用しているわけではないので慣れるまで練習が出来ます。
実際のトレードになった時はぜひシステムトレードを利用してみてください。
インヴァスト証券のシストレ24は500を超えるストラテジーの中から自分にあった物を選択
出来ます。
きっと自分のトレードにピッタリのストラテジーが見つかると思います。

円ドル相場の中期展望について考える

アメリカの景気や雇用の状況を見てみると、どうも利上げの大きな方向性には間違いないように思われます。
ブレグジットや世界的な景気減速のニュースが相次いていたこともあり、アメリカの利上げが実施されるかどうかが微妙な情勢にあったということもあり、円ドル相場が円高方向に向かっていたのですが、これで円ドル相場は中期的には円安トレンドになると考えられます。

FXにとっては円ドル相場が最も重要であることには間違いありませんが、中期的な円ドル相場の展望が開けてくると短期のFXを取引することについても役立ちます。基本的なトレンドを把握しながら、取引していけば安心感もあります。

最近では長期的な円安トレンドが終わったのではないのかということが話題になっていましたが、これで少なくとも中期的には円安トレンドがあるということは確認できたようです。
しかし、短期的には相変わらず不安定な動きも考えられるので、中止しなければならないでしょう。

サブでスマホを使う二刀流FX取引術

FXでポジションを取ると常に値動きが気になると思います。
一日中PCの前に張り付ける人なら良いのですが、普通はそうではありませんね。
そこでスマホのアプリを使って値動きやポジションをチェックすることになります。

スマホアプリは大体どの業者も用意があると思いますが、使い勝手に差がありますのでスマホアプリで取引する業者を選ぶのもありかもしれません。
使い勝手というのは、見やすさですとか、ログインのしやすさなんかも含まれます。
 また、PCでチャートなどの情報を表示し実際の決済注文はスマホで出すといった使い方もあります。

通常二重ログインは禁止されていますので、そういった場合PCで表示するツールやチャートは他のFX会社のものということになりますね。
ただ、ツールやチャートが高性能な業者と手数料の安い会社が必ずしも一致するわけではないので、その辺はいいとこ取りをし、自分のやりやすい環境で取引することが重要になってくると思います。

トレードを頑張ったけど利食いで失敗

8月の相場はあまり動かないですね。
お盆のときはほとんど動かなかったのでチャートチェックもあまり行いませんでした。
お盆明けに動くだろうからチャンスを待っていたら、私が見ていない間に動かれました。

米国の指標が良くなかったことで、米ドル円が下落して、他のクロス円も下げていました。
円高に向かうのを確認したところで売るタイミングを計っていました。私が狙ったのは豪ドル円です。
1時間足をろうそく足が下にブレイクしたのを確認後、戻りを待っていたのですが、連続陰線で戻す気配がありません。

その日は金曜日ということでトレードを止めることにしました。
月曜日、行き過ぎた相場は戻るの格言通り、割ったラインの近くまで戻してきました。
その位置から売りを持ったのですが、なかなか下がらず、10PIPS程で利益確定させました。

その後は戻りを売られて、決済しなかったら1日で50PIPSも獲得できています。
怖くて利食いを早めてしまったことを反省しました。このようなトレードは動きが鈍ったときにやりがちなことです。

反省して、次の日に再び売りエントリーして、利益が20PIPS乗る場面がありましたが、今度こそと思って引っ張りました。
すると、相場が戻って利益ゼロになりました。
大きく取るスイングトレードを目指したわけですが、噛み合いませんでした。

スキャルピングは疲れるからスイングのほうがいいと思う

FXのトレードスタイルには、スキャルピング、スイングトレード、デイトレードがありますが、細かい波を利益にしていくスキャルピングをしたときに異常に疲れると思ったことはないですか?

私が初心者の時に主にやっていたのはレンジ相場でのスキャルピングでした。
利益を引っ張るようなスイングトレードやデイトレードをすれば損切りになってしまうかもしれない恐怖があって、少しでも早く利益にしたいと思ったからです。
スキャルピングの場合、1回のトレードで獲得したい値幅は1PIPSから2PIPSでしょう。

たったこれだけの少ない値幅のためだけにチャート画面を凝視し、注文ボタンを押します。
相場が激しく動いているときの成行でのスキャルピングはちょっとした価格のズレが命取りです。
ポジションを持つまでの間、値動きの勢いに目を光らせて今か今かと待つときの集中力は、体力がないと出てきません。

睡眠が十分でないときにやると、疲れているため、冷静な判断が出来ずに負けてしまいます。
1回負けるとスプレッドの分もついてまわるので、取り返さなくてはいけないと焦って疲れます。
今でも相場の状況によってはスキャルピングも狙うんだけど、1日に獲得したい値幅が10PIPSなので1回で2PIPS取るとすれば5回のエントリーが必要です。

目がチカチカしてくるし、1回でも損切りになるとへこみます。
1回エントリーしただけでドキドキする私が5回も同じ思いをしないといけないって無理です。
最近は、スイングトレードのほうがいいなと思うようになりました。
損切りになってもトレンドが続いている以上、入りなおせば利益になります。
1回入って利が乗ったら数日持ちっぱなし。このほうが気楽だと感じます。

絶対にロングはしない!意地でもショートを狙いたい

9月6日の深夜23時に米国の指標が発表されました。
ISM非製造業景況指数、IBD/TIPP景気楽観指数、労働市場情勢指数のどれもが市場予想を大きく下回る結果となり、ドル円は大きく下落しました。
その1週間ちょっと前、ジャクソン・ホールでイエレン議長の会見が行われ、9月の利上げに対して前向きな姿勢が見られたことで売られていたドル円が円安に進み始めました。その他のクロス円もです。

弱いと思って売りで考えていましたから、素直に買うことが出来ずにショートを続けました。
日経平均が上がっている日や、円売りに勢いが見られる日はトレードを止めて、崩れるタイミングをひたすら待っていました。
平均5PIPSの損切りで豪ドル円を売って、合計20PIPSも損失を重ねてしまいました。

円売りについて行って振り落とされたら収支が釣り合わなくなるからと、意地でもロングはしないと決めてトレードを控える毎日で9月6日の深夜23時を迎えました。
私は、指標結果で急落したところで思い切ってショートしました。
豪ドル円78.61の位置のポジションは、運良くストップにかからずに保有中です。

成功しました♪しかし、70PIPSの利益が出たところで買いポジションを持ち、両建てになりました。
下げるならば、ロングを外してショートを伸ばしますが、相場が煮詰まっていてどちらに動くかわからないので様子見です。
売りはスワップを払わないといけないので、何日も保有したくありません。
もし今日、方向が出ないようであれば決済を考えています。

強制決済について考える

日本ではすべてのFX業者というわけではありませんが、強制決済の制度を取り入れているFX業者も少なくありません。
これは為替の急激な変動に対して、証拠金以上の損失が出ないようにポジションを強制的に決済してしまう制度で大きな意味では顧客の保護につながることと考えられています。

しかし、2015年に起こったスイスフランショックのようなあまりにも急激な為替相場の変動には効果を表さなかったことも起こってしまいました。
スイスフランショックは日本でFXでのポジションをとっていた人はそれほど多くなかったためかその件についてはあまり大きな話題にならなかったようですが、欧米のFX業者では強制決済がうまく機能しなかったためのとてつもない損失を出してしまった人も会社もたくさんあるようでした。

急激な為替相場の変動に対しての制度である強制決済が対応できないとなれば強制決済の意味を考え直さなければならなくなってしまったのではないでしょうか。